このエントリーをはてなブックマークに追加

安くお得にリフォームする方法

住宅を建替えるのではなく、リフォームして長く使用するというのは時代のニーズに合ったスタイルといえるかも知れません。
また不況の影響なのか新築が頭打ちの状態で、住宅建設会社や設備建材メーカーをはじめ、ガス・電気会社などがリフォーム事業に力を入れています。
しかも、コストダウンを求められている時代なので、低価格な商品を次々と発売しています。
また、減税枠や補助金制度の拡大や住宅版エコポイント制度などいろいろな優遇制度も次々と登場しています。
もしかすると、リフォームをすることで得をする時代が到来しているのかも知れません。
不況だからこそ安くお得にリフォームしてみては如何でしょう。
「定額制リフォーム」や「パックプラン」を賢く利用することも、ひとつの方法として考えられます。
これは、費用を床面積で算定するスタイルです。
また、「キッチン交換1式100万円」など、部位別のパックプランもあります。
これなら決められた範囲の中で設備機器や建材を選ぶスタイルなので商品選びの苦労しませんし、見積もりも分かりやすく予算がしやすいです。
ただ、必ずいつも安くなるとはいい切れません。
不測の事態があった場合の費用や自由に商品を選びたい場合の費用、追加工事をした場合の費用などがプラスされることになります。
それにより、最終的には割高になってしまう可能性もあります。
定額の中に含まれる工事内容と工事範囲の確認、オプション費用の確認が重要なポイントになります。
Copyright (C)2017中古で買ったこのおうち、全面リフォームでどう変わる?.All rights reserved.