このエントリーをはてなブックマークに追加

現在のお住まいをリフォーム

現在のお住まいをリフォームする場合の進め方について紹介しますので、成功させるために役立ててみませんか?
まず、リフォーム内容を決める第一歩は、住まいの現状を把握することです。
築年数・過去のリフォーム歴・建ペイ率や容積率など、建物の傷み具合や規制などをチェックしましょう。
また一戸建ての場合には、建て替えた方が良いケースもあるので、その点も検討してみましょう。
次に、どこをどんな風にしたいか要望を書き出してみましょう。
ただ予算も関係してくるので、全ての希望が実現できるとは限らないので、重点個所や優先順位を決めておくことも大切です。
また、要望を具体的にイメージするために、雑誌やサイトに掲載された事例を参考にするのも良いので情報を集めましょう。
一番重要になってくるのが、資金計画を立てることです。
自己資金としてどの程度用意できるのか、借入金額はどの程度利用できるのかをチェックしておきましょう。
金融機関のサイトでは、融資に関するシミュレーションができるので、活用してみるのも良い方法と思います。
依頼する業者を選択することになりますが、「ここ」といえる一社が見つかるケースは少ないので、数社から見積をとって検討しましょう。
提示された見積もりを見て検討するのですが、単に金額だけに捉われるのではなく、総合的に一番気に入った会社にすると良いでしょう。
正式に契約するといよいよ工事がスタートしますが、近隣への挨拶などは事前にしておきましょう。
また、施工の職人さんとのコミュニケーションも大切なので、その点も忘れないようにしましょう。
完成したら最終チェックをして、引渡しをしてもらうことになります。
Copyright (C)2017中古で買ったこのおうち、全面リフォームでどう変わる?.All rights reserved.