このエントリーをはてなブックマークに追加

不満点をハッキリとさせる

表現が適切かどうかは分かりませんが、「家ストレス」を解決していく方法が、リフォームのひとつの目的といえます。
ですから、リフォーム前の準備として家ストレスをチェックしておくことは大切なことです。
しかし、意外と「仕方が無い」という一言で片付けてしまうことも多くあります。
でも本当に満足するリフォームプランを考えるためには、現在の暮らしに対する不満点をハッキリと理解することが大切です。
「仕方が無い」を日常化してしまうと、どうしても家ストレスに気付きにくい状態になってしまうので注意しましょう。
また、住んでいる家の形に自分の暮らし方を無意識に合わせてしまうことも多いです。
「こんなものなんだ」と思い生活するため、誰かに指摘されるまで気づかず、いわれて初めて「そう言えば」と不満な点に気付くこともたくさんあります。
そこで、隠れた家への不満をあぶり出し、家ストレスに気付く作業をしましょう。
そのために、不満な点に気付いたらすぐに記入できる専用ノートを準備して、どんどん家ストレスを書きましょう。
これを作成していくと、不思議なくらい家ストレスに気付いていきます。
それを基に、どんなリフォームをしたら快適な家になるのかを考えれば適切なプランも浮かんできます。
まずは、リスト作成をスタートさせましょう。
ちなみに、家ストレスを大きく4つに分けてリストを作成すると良いでしょう。
それは、環境によるストレス・人的なストレス・安全性へのストレス・家事のストレスの4つです。
Copyright (C)2017中古で買ったこのおうち、全面リフォームでどう変わる?.All rights reserved.