このエントリーをはてなブックマークに追加

その計画は本当に必要か?

大きな費用をかけてもそれだけの効果が得られないリフォームでは、何のために工事をしたのか分かりません。
「その計画は本当に必要か?」、もう一度リフォーム計画を見直してみることも必要かも知れません。
例えば、「部屋が片付かないのは収納が足りないから」と考え収納を作るケースがあります。
でも、本当に収納が足りないから部屋が片付かないのでしょうか?
収納を作る前に、今一度現在ある収納を見直してみては如何でしょう。
本当に収納の全てを活用できているのでしょうか、もしかすると使い勝手やレイアウトが悪いために使用していない部分もあるかも知れません。
では、なぜこのような微妙な結果になってしまうのでしょうか?
それは、リフォームを考える順番を間違ってしまうからです。
プランを検討する時は、まず今の暮らしの不満と今後の暮らしのための希望を整理することから始めます。
そして、それらのことを解決するためにピッタリの形を探すのです。
それが、形が先になって本来の目的を見失ってしまうと、心から満足する結果にならないのです。
つまり、どこかで見た写真のスタイルに自分たちが合わせるのではなく、自分たちの暮らしに合わせたスタイルにすることが大切なのです。
そのためにも、本来の目的を見失うことなく、しっかりとリフォーム計画を考えることが大事です。
あと、効果と費用のバランスも良く考えましょう。
そうすれば、費用をかけた以上の効果が得られ大満足できることでしょう。
Copyright (C)2017中古で買ったこのおうち、全面リフォームでどう変わる?.All rights reserved.