このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめてという方に

建物の傷みが目立つようになり、補修や改善の必要を感じている方もいるかも知れません。
また、もう少し快適に過ごすために、改築や増築を検討している方もいるかも知れません。
ただ、多くの方がはじめてという方ではないでしょうか?
リフォームしようかなと思っても、何からはじめていのか分からないことでしょう。
そこで、一般的なリフォームの流れや段取り、そして可能なことと不可能なことをまずは調べましょう。
この情報集めが成功させる第一歩になります。
そうして、リフォームの内容を決め、費用の目安をたて、依頼先の会社を選ぶというステップを進めていきましょう。
そこで、第一段階の準備で情報を集める際のポイントを紹介します。
情報を集め始めると、意外と建築用語や法律用語などで知らない言葉がたくさん登場してきて戸惑うこともあるでしょう。
全てを理解しておく必要はありませんが、ある程度の専門用語は理解しておくと便利です。
なぜなら、業者と打合せする時に、用語の意味が分からなかったり、勘違いしていることで要望が適切に伝わらないこともあるからです。
予備知識として調べておき、確実に打合せができるようにしておくと良いでしょう。
次に、事前に自分のイメージ作りや要望を具体的に整理するために、雑誌やWEBサイトなどを利用して、いろんな事例を参考にすると思います。
その際、参考にした事例の写真を整理しておくと良いかも知れません。
なぜなら、打合せする際に写真を業者にみせることで、より的確に要望が伝わることになるからです。
Copyright (C)2017中古で買ったこのおうち、全面リフォームでどう変わる?.All rights reserved.