このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のリフォーム事情

ちょっとした修繕から建て替えに匹敵するような全面改装まで、一口にリフォームといってもいろいろです。
また、最近ではリフォーム事情や傾向などが変わってきているようです。
ひと昔前までは、老朽化の補修や単なる不具合の解消が目的になっているケースが多かったです。
しかし、最近ではお洒落でデザイン性を追求した住まいを手に入れたいという方も多く、中古住宅を購入してリフォームするのがトレンドになっているようです。
そうすることにより、好きな街で好きな住空間を創って暮らしたいという夢を叶えているのです。
エコブームの影響で、オール電化や太陽光発電を検討する家庭も増えています。
また、耐震・耐久性を高めた住宅に生まれ変わらせることを検討している人も増えています。
このように、傾向や目的などが大きく変化してきているのです。
そこで、「長期優良住宅」と「住宅版エコポイント」について知っておくと良いでしょう。
長期優良住宅とは、劣化対策・耐震性・省エネルギー性など住宅性能が高い住宅のことで、既存住宅でも住宅性能を向上させると長期優良住宅に認定されます。
認定されることで、税制や住宅ローンなどでいろいろな優遇措置を受けられます。
住宅版エコポイントとは、定められた省エネ基準をクリアした新築住宅やリフォーム工事に対してポイントが付く制度です。
ポイントは交換対象商品と交換可能ですし、工事の費用にポイントを充てることもできます。
このような制度を利用することができるので、賢く活用していくことも良いでしょう。
Copyright (C)2017中古で買ったこのおうち、全面リフォームでどう変わる?.All rights reserved.