このエントリーをはてなブックマークに追加

相見積りの依頼の仕方

快適な住空間に改善するためや維持修繕のために、リフォームを計画される方もいることでしょう。
その際、施工業者を選ぶために相見積りを依頼することもあるでしょう。
しかし、会社により見積書の書き方が違うために、相見積りを比較しようとしても良く分からなくて、結局は合計金額の比較しかできなかったというケースがあります。
これでは、せっかくの相見積りも意味の無いものになってしまいます。
相見積りの依頼の仕方や比較するポイントを知っておくと、これらの失敗を防ぐこともできるでしょう。
まず知っておいて欲しいのは、業者に相見積りを取ることを隠す必要はないということです。
他の業者にも見積り依頼をしている旨を伝えましょう。
その上で各業者に見積書の書式を合わせてもらうように依頼をすれば比較がしやすくなります。
また比較する際の注意点として、小さな手間などは「一式工事」としてまとめて記載されることが多いので、工事内容の詳細を確認しましょう。
経費の書き方にも様々な種類があるので、どのようになっているのかも確認しましょう。
養生や足場などの仮設工事費用は意外と大切で、それをむやみに削るような見積りは注意した方が良いでしょう。
各業者の見積り金額は、工事のグレードや付加サービスによって大きな差が出てきます。
ただし見積書をみただけでは分からないので、一項目づつ説明をしてもらい確認しましょう。
あと、見積書を受け取る時に実際に工事する場所で、工事箇所の確認をすることも大切です。
見積書上では分かりにくい点も明確になります。
また、別途工事や追加工事の可能性や内容、概算も確認しておくと良いでしょう。
Copyright (C)2017中古で買ったこのおうち、全面リフォームでどう変わる?.All rights reserved.